こんいろのブログ

ハロプロ関連の記事が主。後は将棋と猫を少々

元禄の楓 最終話 完結

嫁入り

 

北町同心の広瀬と楓、玲奈の三人が広瀬のなじみの
蕎麦屋の二階に上がった。
注文した蕎麦がきて食べていると、玲奈は食べながら
うとうとしている。楓が、
「玲奈、眠いのかい」
「うん。地震で起こされて寝て無いし、今頃になって
すごく眠くて」

楓が休みなさいと言って横になった玲奈に羽織っていた
打ちかけを掛けてやると、玲奈はじきに寝てしまう。

そんな玲奈を楓と広瀬は見ていたが、
楓は広瀬に向き直ると、
「長屋は傾いて、勤めていたお店は焼けてしまって
玲奈は行く所が無くなってしまったの」

広瀬は食べ終わり箸を置くと、
「うん。とにかく住む所を見つけてやらないと」

楓は、
「私の今住んで居る所は、すでに引き払ってしまったの」

「と、言うことは?」

「私は、明日にも江戸を出て行く事になったの」
広瀬は楓を見詰めていたが、
「・・・加賀へ行くのかい?」

楓は顔を上げると、うなずいた。
「はい」

楓は理由を言わなかったし、
広瀬も聞くつもりは無かった。
広瀬が、
「それで、もう江戸には戻れないと?」

楓は黙ってうなずいた。

それから二人は、寝息を立てている玲奈を眺めていた。
楓は広瀬を見て、

「それで、広瀬様にお願いというのは、
是非とも玲奈を引き取って頂きたいのです」

「・・・引き取るとは?」

「玲奈はまだ若いとはいえ、もう十分に成熟した
女です。そんな玲奈を広瀬様の所へ住まわせる事は
世間的に見れば、問題があるかもしれません」

「いや、それはかまわないよ」

「はい。それで広瀬様が玲奈と一緒に住むようになっても
誰にも文句の無い方法がひとつだけあります」

「その方法とは?」

「玲奈を嫁に迎える事です」

広瀬は目をむいて楓を見て、
「なるほど・・・でも」

寝ている玲奈が寝返りを打った。

楓はその玲奈の手にそっと触れると、
「広瀬様はわたくしと玲奈とでは、どちらを嫁に
迎えたいとお思いですか」

広瀬は頭に手をやって、
「そんな難問にはとても答えられないが」

「広瀬様がわたくしへの好意を持っておられる事は
感じております」

「それは・・・」

「それに、玲奈の事も憎からず思っている事も」

そう言って楓は寝ている玲奈の顔を見詰めた。
広瀬も同様に玲奈を見た。

広瀬はしばらく考えていたが、口を開くと、

「楓さんの事は尊敬している。人として女性として。
玲奈には、いつも癒されている。愛嬌とあの笑顔に」

楓はうなずいた。

「例えるならば、楓さんは大輪の菊の花だと思う。
いつまでも眺めていたい。しかし手に触れるのは、
恐れ多くて手は出せない。

玲奈は、野に咲く可憐な野菊のような気がする。
自分は、手元に置くならば野菊を選ぶと思う」

その時寝ているはずの玲奈が、ピクッと顔を動かした。

楓と広瀬は同時に玲奈を見た。

楓は笑顔で広瀬を見ると、
「お答が出ましたね」

広瀬は首を振ると、
「いや、肝心の玲奈の気持ちを訊かない事には」

楓は、玲奈の頬に手を当てると、
「玲奈。聞いたでしょう。とっくに目を覚ましているくせに」

玲奈は半身を起こすと顔を紅くして楓を、広瀬を、見た。

楓が、
「玲奈が広瀬様の事を陰ながら慕っている事は
見ているとわかっていましたよ」

起き上がり正座した玲奈に、
広瀬は居住まいを正し正座になって玲奈に向かい、

「玲奈。頼むから俺と祝言を上げてくれないかい」
そう言って広瀬は頭を下げた。

玲奈は顔をくしゃくしゃにして手を振ると、
「そんな、うちなんかをそんな風に・・・」

楓が、
「広瀬様はいつも玲奈の事を見てたのよ」

玲奈は涙ぐんで、
「広瀬様は、うちが悪党達の仲間になってスリを
働いてた時も、その現場を何度か見ていて、
うちがいつ獄門送りになっても不思議じゃなかったのに
見逃してくれていたの」

楓はうなずいた。

「その後、楓姉さんに出会ってうちを悪の道から救って
くれた楓姉さんにはいくら感謝しても足らないくらい
恩を感じています。
それからは広瀬様もうちを温かく見守ってくれてすごく
嬉しかったの。でも、広瀬様は楓姉さんの事が好きなのを
見ていたわかったから、うちはあきらめていたの」

楓は怜奈の肩を優しく抱くと、
「ほら広瀬様にお答えしなさい」

玲奈は広瀬の方に向き直ると、
「こんなわたしで良かったら、お願いします」
そう言って深く頭を下げた。

広瀬は顔を輝かして
「玲奈、ありがとう!」

玲奈は楓にうながされて、広瀬に身を寄せる。
広瀬はそんな玲奈を優しく抱いた。

楓は立ち上がると、
「さあ、これで私は何の憂いも無く旅に出れるよ」

玲奈も立ち上がると、楓にがばっと抱きついた。
「楓姉さん!」

楓は玲奈の瞳を覗き込むと、
「玲奈。幸せにおなりよ。広瀬様ならきっと一生玲奈を
大事してくれるよ。
私は明日の早朝には旅立つけど、玲奈は見送りには、
こないでおくれ。だって玲奈の顔を見たらきっと、
泣いてしまうから。玲奈と別れるのは
死ぬほどつらい事だけど、だけど行かなくては
ならないの」

玲奈はたまらず涙を流した。
楓は玲奈を抱きしめると、広瀬に、

「広瀬様。玲奈をお願いします。では行きます」

「楓さん!玲奈の事は任せてください。
もう、会えないのですね・・・」

「たぶんね。でも縁があればまた会えるかもしれない。
だから玲奈は笑顔で送り出しておくれ」

楓は出て行った。


その後、加賀に帰った楓は少しの間お城で過ごした後
まもなく、遠国の大名の元へ輿入れして行った。


終わり。

 

 

 

 

元禄の楓 最終話 四

本郷のお屋敷

 しばらくして、お寺に玲奈が戻って来た。
なんだかしょんぼりしている

「どうかしたのかい?」

「あのね、居酒屋の隣のお店が地震で火事を出したみたい。
居酒屋はまきぞえを食って半焼だって。
大将もがっくりしていたよ。当分の間お店は閉めるって」

「それは大将もとんだ災難だったね」

玲奈は座り込むと、
「だから、しばらく動けないよ。あんなつぶれそうな
長屋には戻る気がしないし」

楓は玲奈の肩に優しく触れると、
「大丈夫。玲奈の住む家ぐらい私が何とかするから」

その時外に出ていた寺の住職が戻ってきた。
楓が声を掛けると、
「よぉ~楓さん、貸布団屋に行って来たよ。
古布団だけど、あるだけの布団を全部借りると
注文してきたよ。夜までに持って来るとさ」

「そうかい。ありがとう」

楓は懐を探ると、じゃらんと小判を何枚か取り出し
住職に握らせる。

住職は何枚もの小判に目を丸くして、
「えっ、こんな大金をめっそうも無い、一両も
あれば十分だよ」

楓は住職が返そうとする小判を押し返し、
住職を皆から離れた所に連れて行くと、

「いいから、全部取っといておくれ。
実は・・・明日にもちょいと遠くへ行くのだけど、
本当ならとっくに出てるはずなのに、この地震
影響で遅れたの」

「そうかい。それなら足りない分は帰った時
貰うから大丈夫さ」

すると楓は言葉をにごして、
「その、いつ帰れるかわからないの。もしかすると
もう江戸には戻れないかも・・・」

その言葉に住職が茫然としてる時、

北町同心の広瀬が様子を見に来たのか境内に
入って来た。

広瀬は、
「楓さん、やはり此処だったか。女達が見当たらないので
もしかしたらこのお寺かと思って来てみたんだけど」

楓は、居ずまいをただすと、
「いい所に来てくれました。広瀬様、お願いの儀が
ございます。少しの間お時間を頂いてもよろしいでしょうか」

その言葉に広瀬はじっと楓を見ていたが、
「わかった。大事な話があるんだろう。何でも聞くよ」

楓は、ありがとうございます。と頭を下げると、
振り返って、女達に声を掛けた。

「みんな!私はこれから出かける所があるけれど、
もうすぐ布団が届くから当分の間このお寺で
寝泊まりしておくれ。何か不自由な事があれば、
住職に言っておくれ。力になってくれるから」

住職は大きく振りかぶってうなずいた。

それから文乃に近づいて、
「文乃。皆を頼んだよ。お前様を一番頼りにしてるよ」
そして声をひそめて、
「もう、明日からは私はいないと思っておくれ・・・」

文乃はその意味がわかって、悲しそうになって、

「楓さん。わかりました。このご恩は生涯
忘れません。ありがとうございます」
その瞳から一筋の涙が流れた。

楓は声を張り上げると、
「みんな!私は行くよ。もし町に出ていてひもじくなったら
本郷の大きなお屋敷で、明日明後日まで炊き出しをしているから
そちらへ遠慮なく行っておくれ」

広瀬は、本郷の大きなお屋敷。と言えば加賀藩江戸屋敷
だなと思った。

楓は玲奈の手を取って立たせた。

広瀬が、
「じゃあ、これからなじみの蕎麦屋の二階で話を
聞こう。あそこなら誰にも邪魔されないから」
そう言って歩き出す。

楓はうなずいて玲奈の手をつないで歩き出した。

後ろで文乃が泣き崩れそのまわりを女達が囲んでいた。

続く。

三すくみ状態。

 

 

アンジュルム♡古塔つみ 推し活ルートA or B ?~クリエイターズコラボ~

 

f:id:meiberu:20210621200948j:plain